06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

20代中小企業診断士の未来

2009年に中小企業診断士合格を果たしました。日々頑張っている姿や南房総移住日記を書いていければと思います。

はてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top
はてなブックマークに追加

千倉のお花畑 

南房総市、千倉に行ってきました。館山で家族で住む家を探すつもりでしたが、南房総地域まで対象地域を広げました。

その中でも、千倉はいいですね。とても暖かくこの季節なのにもう春の雰囲気でした。(今年は寒波のせいでまだ寒かったですが館山より暖かかったです。)

下は「花摘み」をして摘んできた花です。東京で買うと結構な値段がする花が本当に格安で摘むことができました。

皆様も南房総地域に観光で言ってみるといいと思います。JRの週末限定切符で「パワフルスマイル千葉」というのがあるのですが、この切符を使うと千葉県内のJRは1,800円で一日乗り放題です。

この切符を使って南房総地域まで行くと、とてもお得感がありますよ。

花
スポンサーサイト

category: 父親の子育て

thread: 田舎暮らし日記 - janre: ライフ

tag: 南房総  千倉  お花 
cm 0   tb 2   page top
はてなブックマークに追加

のんびりお休み 

今週末は、家にいて子供や奥さんと過ごそうと考えています。色々予定が入っていたのですが、基本的にすべてキャンセルとなってしまっています。まあ、色々あって家族が不安がっているので週末は一日一緒にいる事が大切なのかなって思います。


今日の食材を買いに朝一でスーパーに行ったのですが、ペットボトルの水を求めてすごい行列ができていました。報道では東京の水はもう乳児に飲ませても大丈夫との事でしたが、小さな子供がいる家族連れが多く並んでいました。

1歳未満の乳児は東京都が水を配布してくれるのですが(たぶん調乳用のイメージなのでしょう)、1歳以上の子供についてはそのような措置がないため、並んでいる人が多いのだと思われます。


乳児は飲んではだめだが幼児はOKみたいな発表はたぶん科学的には全く正しいと思いますし、冷静に対応すべきなのでしょうが、子供を持つ親の立場としてはそう言われても素直に自分の子供に水道水を与える事は難しいです。

幸い、うちの子は粉ミルクは卒業しているので、水を急いで買い求める必然性はありません。他の飲み物は比較的入手可能であるため麦茶などのカフェインの入っていない飲み物を子供に与える事も出来ますし、なんとか冷静に過ごそうと心掛けています。

それにしても物品を確保して我々に販売してくださる、小売業には本当に感謝です。小売業の人はいつも通りの仕事をしているだけなのかもしれませんが、そのいつもの仕事で我々消費者が物を手に入れる事ができるという事実は非常に大きな事です。

経済活動を止めてしまうと、必要なものが手に入らなくなってしまう。それは被災地の復興を遅らせる事のみならず直接被災していない地域にも被害を与えてしまう。だから、日々の仕事を誇りを持ってやっていくことが社会を維持する大きな貢献になるのだなと素朴に思いました。

本当は、天気も良かったし近くの公園へ行こうと考えていたのですが風が冷たかったためそれは断念しました。下は先週の水元公園の写真です。

水元公園

そろそろ桜の季節ですが、この桜の名所に花見客が集まれる事。そんな日常を取り戻すため、今できる事をコツコツと続けていきたいです。

category: 父親の子育て

thread: 男の子育児 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top
はてなブックマークに追加

責任感2 

前回、どのような事が父親としての責任であると考えているかを書きました。(過去記事責任感)今回は前回の記事であげた大切と考えている事を長期的に伝え続けるためには何が重要であると考えているかを書きたいと思います。

それは自分の健康を責任もって管理する事であると考えています。この事は誠実さに直結するとも考えています。

このように書くと誤解される方がいると思いますが、健康でなかったら目的が達成できないとか、不誠実であるとは全く考えていません。健康でないという事はちょっと不便なだけで、不幸な事ではないですし、(ヘレンケラーが指摘した事だったような気がします。)健康ではなかったけれど人類の偉業を成し遂げた人はそれこそ数え切れないほどいます。それにそれらの人はとても誠実だったと思います。

僕が成し遂げたい事は別に人類の偉業ではなく、単に父親としての責任を果たしたいというだけの事ですから不健康であっても目的は達する事はできると思います。


しかし、それでもあえて言います。自分の健康管理は大切であると。自ら不健康になるような生活習慣を直さないという事は、子供やその子供に対して不誠実であると考えていると。

子供や孫をかわいい、かわいいと言うのは本心かもしれません。しかしながらその気持ちをどのように表現するかが重要です。

自ら招いた不健康は、たとえば以下の大切な事をできなくしてしまいます。
1.彼もしくは彼女が悩み道に迷った時、健康管理をしっかりしていれば側にいて自らの貴重な経験を話す事ができた。
2.彼もしくは彼女には人生をかけてやりたい事を見つけたとき経済的に応援できた。
(治療費や療養費をかけた挙句、働いて稼げたはずのものを放棄しているわけですから)
3.彼もしくは彼女に父親やお祖父さんと遊んだという暖かい思い出をあげる事ができた。
4.上で書いた伝えたい事を伝える事ができた。

これら大切な事を自らの不摂生で招いた不健康で放棄する事を不誠実と言わずして何といえばいいのでしょうか?自分の今の習慣を変えるのが嫌だから。酒を飲まないと眠れないような(気がする)から、タバコは生活の一部であり吸わないととても仕事にならない(気がする)から、休日は疲れ果てていてとても運動なんかできない(気がする)から、医者に行くと厳しい事を言われる(気がする)から。
厳しいようですが、上のような事が不摂生を直さない理由であるとしたら、不誠実だし本当の愛情を持っているとはとても思えません。

日々の健康管理は完全に心がけの問題です。
ちょっと運動しよう、ちょっと早く寝よう、ちょっとお酒・タバコは控えよう、ちょっと野菜もしっかり食べよう、ちょっとイライラするのはやめよう、定期的にお医者さんへ行って健康へのアドバイスを受けよう。

これらの事を少しやる事で、少しでも責任を果たせる期間が延びる。それが子供や孫を可愛がる事。誠実さというものでないのでしょうか?物事にはもう遅いという事はないと思います。今日からでも上のちょっとした事をやっていけばいいのです。


僕のおじいちゃんはおかげさまでまだまだ元気です。そして、会いに行くたびに色々貴重な体験談を聞かせてくれる。それができるのは、少なくとも自ら不健康を招くような習慣に自分の意思で打ち勝ったからです。彼が昔話で聞かせてくれるような不摂生な生き方を続けていたらとても今も元気だったとは思えません。

なぜそのように短期的には楽しい不摂生な生活を放棄したか。それは自分が長生きしたいからだけでなく、自分の子供や孫がかわいくて、少しでも自分の経験などを伝えたかったからだと思います。

そのように責任を果たしている姿はとても誠実で、尊いと思います。僕はそんな姿をとても尊敬しています。そして僕も父親としてそんな風に責任を果たしていきたいと考えています。

追記:今回体調を崩した事は最後の警告だと思う。もう生活習慣を変える潮時だよ。尊敬する父へ、息子より。

category: 父親の子育て

thread: 男の子育児 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top
はてなブックマークに追加

責任感 

責任感というテーマを今回は設定しました。自分の父親が少し体調を崩してしまった事がきっかけで、親としての責任感とは何か?を考えたからです。

責任感と聞かれて先ず思い浮かぶのは、約束を守る事など日々実行できる内容です。しかし今回はもっと大きなスパンで考えた責任感について考えてみたいと思います。

僕は責任感を持った父親でいたいと考えています。ここで言う責任感とは、子供との約束を守るであったり、よい事と悪い事をしっかりと教える事などの事の他に、長期的に一貫した行動を見せるといった事が重要でないのかなと考えています。

父親が一貫した行動を見せる事で言葉だけで教えるのではなく、自身の行動でも大切な事を伝えたいと考えています。

では何を伝えたいと考えているかというと、

1.成功するためには日々の努力や人格を磨く(立派な人間になる)事が一番大切である。
2.努力は報われない事があるかもしれないが、目的に達するための手段として非常に優れた方法である。
3.人生には様々な目的があり、色々な目的のバランスをとる事が重要である。

 (1.2.は実行しなくても偶然や運によって目的に達する事が出来るかもしれません。例えば、たまたま宝くじに当たった、競争相手が脱落しポストが空いた、最高の人生のパートナーに巡り合えたなどの事はあるかもしれませんが、そんな事を望んでばかりいる人って魅力が乏しいですよね?それにいつ来るかわからない幸運を待てるほど人生って長くないような気がします。
 3.は家庭や仕事や地域社会、地球環境など何か一つを目的とするのではなく、バランスをとって考えていった方がいいと思うという事です。)


といった事です。もちろん自分はいまだ成功していませんし、努力をサボる事も多いし人格もあまりほめられたものではないです。しかし、生きていくうちに少しでも前に進んでいきたいと考えており、その進んでいく過程を見てもらいたいし、自分にもできると確信を持ってもらいたいのです。


これらの事を一貫して伝える事が僕の考える父親としての責任感の表し方です。それを実現するために何を大切だと考えているかは次回の記事で書きます。

category: 父親の子育て

thread: 資格・スキルアップ・仕事 - janre: ビジネス

cm 0   tb 0   page top
はてなブックマークに追加

新春のにぎわい 

陽気に誘われて新春の柴又に行ってきました。男はつらいよ 寅さんのDVDマガジンが発売されると聞いていたので、何かやっているかなとの興味もあったので行ってきました。

先ずは帝釈天にお参りして、参道を駅に向かって歩いて行きました。初詣の時期でもあるため、写真の通りすごい人で駅まで歩くのに一苦労でした。



参道のお店でお団子や、奥さんの実家への進物を購入し街を歩いていたのですが、このにぎわいはすごいですね。はとバスと思しきバスもきていましたし、変わらず東京の中の観光地であり続けているようです。

さて、男はつらいよ 寅さんDVDマガジンのプロモーションは何かやっているかなと見ていたら、街灯の上にのぼりが出ていたり、寅さんDVDマガジンのジャンバーを着た若い人たちが「フーテンの寅さん 検定ブック」を配ったりと何となくやっていました。検定ブックは結構好評見たいで、年輩の方を中心に手に持っている方が多かったです。

ただこのプロモーションは柴又に来た人に寅さんDVDマガジンの宣伝を行うのが主眼なのかなって印象を受けました。まあ、一度来てくれた人をリピーターにする事は非常に大切なことなので、DVDマガジンを通じて街の魅力を高めれば再訪も期待できるのでしょう。

TVでは寅次郎の少年時代が小説として連載されると全国の人にアピールしていました。この機会に寅さんを見てみようかなと思いました。

category: 父親の子育て

thread: 男の子育児 - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。