02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

20代中小企業診断士の未来

2009年に中小企業診断士合格を果たしました。日々頑張っている姿や南房総移住日記を書いていければと思います。

はてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top
はてなブックマークに追加

労働基準法改正 

ご存知の方も多いとは思いますが、今回時間外労働で支払うべき割増賃金について労働基準法の改正されます。長時間労働の抑制を目的として、一カ月当たりの労働時間によって賃金の割増率が大幅にUPされるといった内容です。

以下、改正のポイントをまとめてみます。

◆時間外労働が1カ月について60時間を超えた場合

 割増率:25%→50%
 もしくは
 割増賃金の支給の代わりに有給休暇の付与も可

※但し、中小企業は当分の間適用は猶予される。

参考:中小企業の範囲  資本金・労働者数のいずれかの基準を満たせばOK

業種資本金労働者数
小売業50百万円以下50人以下
サービス業50百万円以下100人以下
卸売業100百万円以下100人以下
その他(上記以外)300百万円以下300人以下

中小企業は当分の間猶予とはなっていますが、半永久的に猶予というわけではないため、労働時間を削減できるような、効率的な体制を構築することが重要だと思われます。

どうも世の中の流れは労働時間削減の方向へ確実に動いているみたいですね。総労働時間が減って行く中で、個人としては仕事の質・量ともに改善させるためさらなる自己研鑽が求められる時代なのかなと思います。

スポンサーサイト

category: 中小企業診断士

thread: 経営コンサルタント - janre: ビジネス

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。