12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

20代中小企業診断士の未来

2009年に中小企業診断士合格を果たしました。日々頑張っている姿や南房総移住日記を書いていければと思います。

はてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top
はてなブックマークに追加

なんとなく閉塞感 

ある人が「閉塞感を感じた時は、黙ってひたすら耐えるか、それでなければとにかく動いてみろ」と言っていました。中途半端に動いたり動かなかったりするのが一番良くないのでしょう。それはただの時間の浪費につながりやすいからと言いたかったのかもしれません。

さて、何でこんな事を書いているかというと、今まさにその時間の浪費に苦しんでいるような気がするからです。いろんな事に少しずつ手を出してどれもいまいち物になっていない。それが自分の去年の姿だったような気がします。

中小企業診断士を取得し、中途半端にあちこちの研究会にな顔を出し(どれか一つの運営にかかわるくらい積極的に動けば違う景色も見えるのでしょう)中途半端に社労士の受験を思い立ちそして断念し、中途半端に会計士のために簿記の学習を行っている。

目標や夢は何年も前に手帳に記したものを今も持っている。そして全くぶれていない。自分の胸に聞いてみると手帳に記した目標や夢はいまだに輝いており、そのようになりたいと強く望まれる。それなのに、日々の努力はすべて中途半端になってしまい、閉塞感に苦しむ。


久しぶりに一人で週末を過ごし色々考えた結果上の事を感じているのが何となくわかりました。そう、中途半端な自分に対する焦りと現状に対する閉塞感を強く感じていたのです。それがために、色々な事に手を出し、どれも中途半端に終わって更に焦るといった悪循環になっているような気がします。

今必要な事は、なんでしょうか?それは投入できる資源(ほとんど時間だけですが)を本当にやりたい少数の事に集中する事。

毎日6時に家を出て夜10時に帰宅する生活を送りつつ週に4冊の本を読み、簿記の学習をし更に診断士活動を行う。その上子供や妻と過ごす時間を大切にしつつ、会社の仕事の下調べを休日に行う。時間の不足から十分な睡眠時間を確保できず寝不足が常態化し、更に様々な事の能率を下げる。

こんな生活を送っていたのでは、どれも物になるわけがないような気がします。人間として大切な教養を身につける時間も取れないし、常に何かに追い立てられているような気もしています。どれも物にならないまま20代を終える事を考えると焦りを通り越して恐怖すら感じます。

今自分に必要な事は、本当に大切な事を見極めそれに資源を集中して投入する事ではないかと感じています。そのためには、やはり紙に書き出してみる事が重要だと思います。

紙に書き出してみる。それだけの事で思考が整理され方向性が見えてきます。いつもはそれなりに文章の構造を考えながら手帳に記すのですが、今回は何も考えず思いつくまま書き出してみようと思います。

システム手帳ですから、いくらでも紙の補充は利きますし、方向を絞らない努力が努力と言えないだけの乏しい成果しか生んでいない現状を考えれば、いったん立ち止まって今後の方向性を考える事が有効であると思います。
スポンサーサイト

category: 手帳術

thread: お気に入り! - janre: 趣味・実用

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。