09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

20代中小企業診断士の未来

2009年に中小企業診断士合格を果たしました。日々頑張っている姿や南房総移住日記を書いていければと思います。

はてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top
はてなブックマークに追加

一年間中小企業診断士をやってみて 

そろそろ中小企業診断士合格者の合格祝賀会などが行わる時期になりました。僕が通っていたのは大原の中小企業診断士講座なので、この時期にあったわけではないのですが、同期の診断士はTACやマンパワーに通っていたためこの時期にやったそうです。

そのため、実務補習の時にはすでに同期合格者仲よくしている人たちも多かったです。(正直うらやましかったですね。)


祝賀会の手配などのメールが診断士のメーリングリストで飛び交っている中、一年間中小企業診断士をやってきた感想を簡単に記しておきたいと考えております。

1仕事面
 仕事面では間接的に効果が出ています。特に診断士だからといって大きく変わった事はありませんが。
 ①会社の全体像が何となく見え仕事ののみこみが早くなった。
 やはり20代後半とはいえ、30代40代の人と一緒に仕事をするにも絶対的に経験が不足しています。診断士取得のために行った学習のおかげで少なくとも話が全く理解できないといった事は避けられています。
 ②任せられる仕事の質量とも増加
 たぶん資格のためでなく①で書いたとおり、のみこみが早くなったため新しい仕事をどんどん回している事が要因であると思われます。
 ③お客様の信頼感増加
 お客様には何の肩書もない20代の若造が担当になるよりも、中小企業診断士と名乗る若造の方が多少なりとも信頼してくれるみたいです。

2家庭面
 診断士の勉強会で人間関係のテクニックを学ぶ機会があったので、それを応用していきたいです。(つまり現状は何も変わっていないです。)

3交友関係
 交友関係は確実に広がりました。なかなか知り合えないような人とも知り合えましたしね。
 ①知り合いを増やす場の増加
 中小企業診断士には様々な研究会、交流会があります。自分から動く事を厭わなければどんどん交友関係を拡げる事が可能です。
 ②実務補習の仲間
 診断士になるための最後の関門(会社員に15日間の実務補習はなかなか厳しいです。平日だけでも8日程度は休むようですから)である実務補習を一緒に受けた人たちは大切な仲間になります。厳しいと思いますが、これから受けられる方は15日コースを受ける事をお勧めします。

4中小企業診断協会
 中小企業診断協会にも所属できます。これはメリットかどうかはよくわかりませんが。
 ①機関誌を送ってくる。
 下が診断協会の機関誌です。

 所属する支部によって支部の機関誌も送ってきます。(東京は毎月送ってきます。)内容は結構硬派な内容です。興味がある方は自治体の図書館にも置いてある事がありますので、確認してみてください。
 ②手帳を送ってくる。
 診断士手帳というやつです。ちょっと特殊な感じのレイアウトなので使い始めるまでのハードルは高いかもしれません。(僕はA5システム手帳を相変わらず愛用中です。)
 ③更新要件
 更新要件を満たすため実務補習や理論講習を主催しています。これだけのためにでも所属する価値はあります。
スポンサーサイト

category: 中小企業診断士

thread: 経営コンサルタント - janre: ビジネス

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yoshikunok.blog41.fc2.com/tb.php/145-c45a3dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。