09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

20代中小企業診断士の未来

2009年に中小企業診断士合格を果たしました。日々頑張っている姿や南房総移住日記を書いていければと思います。

はてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top
はてなブックマークに追加

A5システム手帳・左側ページの書きにくさ解消法 

A5システム手帳の左側ページが書きにくい!この内容の記事は今まで何本も書いています。ただ、やはりシステム手帳を活用する中で避けては通れない内容なので再び考えてみたいと思います。

色々システム手帳を使っていく中でこの「左側のページが書きにくい問題」は小さなシステム手帳であるほど、分厚い手帳であるほどより大変書きにくさの度合いは強くなる事が分かりました。
以下使っていたシステム手帳と、対応策を書き出してみます。

1 最初に使ったシステム手帳はミニ6穴サイズのシステム手帳でした。この手帳では、リングの大きさが15mm程度であったにもかかわらず、左側はまるで書道のように手を立てて書いていました。手帳が小さい分、リングにあたらずに書ける紙の面積も小さいため(リングのすぐ側はリングが邪魔してすごく書きにくいのです。)左側はほとんど活用できていませんでした。

 手法1:筆書き(毛筆のように手を浮かせて書く方法)


2 次に使ったシステム手帳はバイブルサイズのレイメイ藤井社製:ダヴィンチです。薄型タイプはリングが8mmからあるので非常に快適に使えていました。この手帳をメインに使っていたころは左側が書きにくいと意識さえしないくらいの傑作システム手帳でした。まあ、持ち歩けるリフィルが少ないという弱点もあり、次に35mmタイプに乗り換えたわけです。

 手法2:小さいリングのシステム手帳を使う(根本的な解決策かもしれません。) 

3 バイブルサイズで35mmは左側の書き心地としては絶望的なひどさでした。思わず紙を取り外して記述するといった非常手段も日常的にしないとどうにもならないくらいでした。

 手法3:紙を取り外して記述

4 現在使用しているA5システム手帳はリングの間も大きいし、15mmとこのサイズの手帳にしては薄いサイズであるため、特別な工夫は必要としていません。強いて言うならば、リングの間に手を入れて書く方法くらいです。

 手法4:リングの隙間に手を通して記述
こんな感じでリングの間に手を入れて書く方法です。

やはり大きなシステム手帳でかつ、リングが小さくなるほどシステム手帳の左側への記述は容易になってくるようです。ただ、今使っている手帳を簡単には変える事は難しいと思いますのでそのほかのアイディアも記載します。

 手法5:ページの左側に住所録など普段書かないページを挟み、通常書くページにある程度の厚さを確保する。
 手法6:左側のページにノートなどをかまして厚さを確保する。
 手法7:ジョッターの導入(バイブルサイズまでなら存在するみたいです。)

こうして色々な手法を並べてもても決め手に欠けるのが現状です。左側が書きやすいシステム手帳もしくはその手法があれば画期的な事だと思えるのですが。
スポンサーサイト

category: 手帳術

thread: お気に入り! - janre: 趣味・実用

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yoshikunok.blog41.fc2.com/tb.php/149-bb14e345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。