09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

20代中小企業診断士の未来

2009年に中小企業診断士合格を果たしました。日々頑張っている姿や南房総移住日記を書いていければと思います。

はてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top
はてなブックマークに追加

多忙です 

現在仕事が非常に忙しくなっています。さまざまな要因が複合して忙しくなっているのですが非常に充実感があります。一週間があっという間に過ぎる感じであり、月曜に会社に行くとそのまま金曜まで仕事モードとなっています。

そんな中、簿記1級の学習はどんな感じかと申しますと、時間的・精神的に余裕があった昨年よりも今年に入ってからの方が集中してできています。余計な事を考える余裕がないので目の前の課題に集中して取り組めています。朝起きたら会社へ行き、帰りの電車でテキストを読み、帰宅後1時間程度DVDを視聴するといった感じで学習しています。

学習時間や方法を考えるような余裕はないため、ただ単にこなしている感じです。平均2時間程度を学習時間に充てています。体調を維持しておかないと非常に大変な事になるため、睡眠時間の確保は必須です。体調を崩し能率が悪くなり更に忙しくなるといった悪循環は避けたいため、このくらいしか学習時間がとれません。しかし、集中して取り組めているため余り少ないとは感じません。

やはり集中力は成果を決定する非常に大きな要素であると感じています。このまま集中力を持続していきたいと本気で思いますし望んでいます。


さて集中力と成果について触れましたので、人間の上げる成果の決定要因はどのような事であると考えているかをご紹介させていただければと思います。
何となくではありますが、人間の上げる成果は以下の式に分解できるのかなと感じています。

成果=時間×その他の資源×集中力

各要素を簡単に解説すると、

・時間は単純に投入した合計時間
・その他の資源は知識や経験、道具など投入時間を効率化する手段全て
・集中力はどれだけ集中して取り組んでいるか

といったところでしょうか?

誰かが言った言葉かは失念しましたが、「単純にほかの要素が同一だった場合、投入する時間の総和が成果を決める。ゆえに残業は正当化される。」といった言葉を聞いたことがあります。

この言葉は、上記の式に当てはめる事で自分としては納得する事ができました。確かに投入時間が長ければ成果は増えるのは当たり前の事です。そのため忙しい場合残業をして仕事をどんどんやっていく事も厭いません。

もっとも仕事だけをひたすら長時間私生活も犠牲にしてやる事が成果を上げる最適な方法なのかと考えると違う気がします。

それは、「その他の資源」にあたる部分の増加スピードが徐々に頭打ちになってしまうためです。もちろん経験は増えていきますが、その経験を体系化する事や他の視点を取り入れる事が自分の取り組んでいる仕事だけでは実現できないと考えるためです。
そのような事を実現するためには、仕事の外での学習や社外の人との交友関係が欠かせないと思います。

そして言うまでもない事ですが、人生の目的は自分の職場に貢献する事だけでなく、他にも色々あります。

それらの事を考えると、やはりメリハリが大切だと感じます。
仕事が忙しいときは残業も厭わず責任感と使命感を持って期待された以上の成果を出すように誠実に取り組む事。
比較的忙しくない場合は、上記の式で言うと「その他の資源」や「集中力」を磨くため仕事だけに没頭せずに自分を磨く事に時間を意識して費やす事。

今は、前者の仕事に集中するタイミングなのかなと思い来週も頑張ります。
スポンサーサイト

category: 日記

thread: 資格・スキルアップ・仕事 - janre: ビジネス

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yoshikunok.blog41.fc2.com/tb.php/163-009db1fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。