09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

20代中小企業診断士の未来

2009年に中小企業診断士合格を果たしました。日々頑張っている姿や南房総移住日記を書いていければと思います。

はてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top
はてなブックマークに追加

仕事は100点を目指すべき? 

昨日は二段階上の上司と飲んできました。夜9時過ぎからだというのにお時間をつくっていただき本当に感謝です。

さて、やはり上司と飲むとそれがたとえ直属の上司でないとしても話題の中心は仕事の事になります。そこでいくつか本当に貴重な指摘をいただきました。

自分は、たとえ80点の仕事でもやっていく量を増やし大量にアウトプットする事が重要であると考えていました。

それというのも100点を目指すと80点の段階までにかけた時間の5倍程度の時間を追加でかけなければならないと感じており、効率的ではないと思っていたからです。


いいかえると、100点の仕事を一つ目指す時間で80点の仕事を5個から6個程度終える事が出来ると感じているという事です。

そして、仕事の総量は仕事の遂行能力を決定する重要な要素であると考えているため、(過去記事多忙です)100点の仕事を目指す時間があったらとにかくたくさんの仕事をこなしたいと考えていました。


しかしながら、大量の仕事を80点の出来でやっていく事が大切な局面も多いが、100点の仕事をひとつやることが重要な局面があるという指摘をいただきました。

確かに、80点の仕事というのは、アウトプットの量は大量ですが、やはり詰めが甘い部分が目立つんですよね。

実は現在、自分の会社の上の階層の方を相手にして仕事をしているのですが、苦戦しています。昨日一緒に飲んだ上司は何が悪くて何がいいのかという表面に現れた原因を一つ一つ列記する事も出来るのだと思いますが今回はあえてそれをせず、根本の原因を指摘してくれたのだと思います。

それは今回求められている品質は100点の品質であり、求められている仕事の質を見抜いたうえで、使い分けしていく事が重要であるという事であると思います。

なかなか仕事の根っこに踏み込んだ指摘を受ける機会は少ないため非常にためになりました。

追記:資格試験や受験など合格そのものが目的となるケースは80点主義が必須だと思います。念のため。
スポンサーサイト

category: キャリア戦略

thread: 資格・スキルアップ・仕事 - janre: ビジネス

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yoshikunok.blog41.fc2.com/tb.php/171-b12ad903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。