09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

20代中小企業診断士の未来

2009年に中小企業診断士合格を果たしました。日々頑張っている姿や南房総移住日記を書いていければと思います。

はてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top
はてなブックマークに追加

栃木県東部の振興(真岡線を核として) 

この週末はお休みをいただき栃木へ帰省していました。最近業務がかなり立て込んでいるため、まとまった休暇を確保することができなかったため、栃木へ帰省する事にしました。

栃木県は東京からそれほど離れていない所であるので、逆に日数が多いと帰省する事が少ないのでいい機会でした。

多田羅駅から見るSL
SL


さて皆さんは栃木県にSLが走る路線がある事をご存知ですか?栃木県東部の茂木町(ツインリンクもてぎが有名です)から益子町(益子焼が有名)、真岡市、茨城県の下館を結んでいる真岡線という路線です。

この真岡線の運営会社である真岡鐵道は、東京から近い所にあり、しかも全国的に有名な茂木、益子などの観光地を沿線に抱えており、しかもSLまで運航しているのですが、2006年度までの経営成績はいまいちのようです。(今はどうか分かりません)

やはり、始発になっている下館駅が北関東を走る大きな路線である、常磐線や東北線(宇都宮線)ではなく、それらを結ぶ水戸線の駅であるのが問題の一つであると思われます。(関東鉄道常総線の終点でもあるのですが)そのため、よほどの目的意識を持った人でないと電車で訪れる事は少ないのかなと思われます。

更に地元の人はみんな車を持っていて何らかの事情がない限り鉄道は日常の足になりません。高校生の足にはなっていますが、みんな学割ですし、ラッシュが発生するとその分車両を用意したりなどコストばかりかかってあんまり経営に寄与するとは考えられません。

僕も通学の足に使っていたのですが、朝の本数や車両数が少なすぎて非常に不快な通学電車でした。途中で音を上げて直接高校まで自転車で行くようにした知り合いも多かったです。(僕もその一人です)



そうはいってもSLに限ってはいつもお客さんも多く、沿線の観光資源もかなり強力なものがあるので、真岡鉄道を核として栃木県東部のあの一体の観光振興を図れば非常に面白いと思います。

栃木県東部のあの一体には各市町村に温泉施設も整備されていますし、ゴルフ場も多いです。主要な駅のそばでは、バスで観光地まで送り届ける、レンタカーを借りやすくする、旅館と提携し宿泊客を誘致する、ゴルフ客を取り込むため、「JR」「つくばエキスプレス」「関東鉄道」などと組んで早朝ゴルフダイヤを組むなど、鉄道をつかって栃木県東部に来るとメリットが大きくなるような仕組みを作れれば非常に面白いと思います。


真岡線を核として、この疾走するSLのように地域が発展してくれればと思います。
SL2
スポンサーサイト

category: 日記

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yoshikunok.blog41.fc2.com/tb.php/207-aa645144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。