09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

20代中小企業診断士の未来

2009年に中小企業診断士合格を果たしました。日々頑張っている姿や南房総移住日記を書いていければと思います。

はてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top
はてなブックマークに追加

スマートフォンとシステム手帳のすみわけ 

システム手帳を運用していて感じる一番のネックはとにかく鞄が重くなることです。これはシステム手帳自体の重量も大きいのですが、中に挟むリフィルの重量もバカにできません。

手帳自体の重量は今さらどうにもできないので仕方ないと諦めますが、リフィル量の削減はできるので考えてみたいと思います。

1.メンテナンスを怠る
システム手帳を長く運用していると、いつのまにか挟む量が増えて来てしまいます。これは、メンテナンスをサボって過去分のリフィルが挟まっていたり、昔かいたメモがそのままになったりしているのが原因です。

2.基本的にやってこない『いつか』への備え
差し替えがきくので必要最小限のリフィルだけ持ち歩けばいいものを、いつか使うかもという悪魔の囁きに負けて挟みきれる限度までリフィルを詰め込んでしまうことも原因です。

このうち1.にかんしては基本に忠実に過去分の情報はこまめに家にある、大きなバインダーに移すということしかないと思います。

2.についてはこの度、スキャナーを導入したので片っ端からスキャンしてスマートフォンの方へ移しています。

そうするとシステム手帳は今および将来を計画するもの。スマートフォンは過去の蓄積を持ち歩くものといったすみわけができそうです。

過去の蓄積は電子データ化しておき検索に備え、将来のことは自由に記述できる紙媒体で考えていく。こんな使い方ができるのかなと考えています。
スポンサーサイト

category: 手帳術

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yoshikunok.blog41.fc2.com/tb.php/231-85bceb1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。