09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

20代中小企業診断士の未来

2009年に中小企業診断士合格を果たしました。日々頑張っている姿や南房総移住日記を書いていければと思います。

はてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top
はてなブックマークに追加

実務補習 感想 

実務補習一回目が終了いたしました。月曜日の朝「中小企業診断協会」のビルに集合し、先生とともに作成した診断報告書を協会に提出してきました。本当に我々診断士の卵を何日も指導していただき、的確なアドバイスを下さった先生には感謝です。

作成した診断報告書を手に取ってみると5日間の重みが詰まっているようで非常にうれしくなりました。と同時に、これをもとにプレゼンを行うというプレッシャーにも襲われました。

結構な分量だったので、簡潔かつ分かりやすく伝える事に心を砕いてプレゼンを行いました。


その時、考えていた事は、プレゼンの前の晩副指導員の先生から頂戴した、「皆さんが話したい事ではなく、社長が聞きたい事を話してきてください。また、社長の心を思いやった報告を行ってください」との言葉でした。

自分の伝えたい事(自分の持ってる物を出し切って作成した報告書なので、伝えたい事はたくさんありました)ではなく、社長が前向きになれる事、希望を持って将来につなげる事を中心に話す事が大切であるとの指摘は、必死になって診断報告書を書いたがゆえに周りがもっと言えば、報告の対象である社長の姿が見えなくなっていた自分の目を覚ましてくれるものでした。


報告会の結果、社長がお礼を言ってくださり奥さまは涙まで流されていました。我々診断士の卵が想像する以上に会社を経営されてきた様々な苦労を思い出されたのかもしれませんし、もしかしたら我々の報告が心に響いたのかも知れません

僕もその姿をみて熱くなるものを感じました。今回の診断報告が何かのきっかけになり、お客様の発展や未来につながればこんなにうれしい事はないですね。

と同時に、診断結果によって経営者とそこで働く方の将来に影響を与えるかもしれない、中小企業診断士としての責任感を重く受け止めました。
スポンサーサイト

category: 実務補習

thread: 資格・スキルアップ・仕事 - janre: ビジネス

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yoshikunok.blog41.fc2.com/tb.php/36-79b53877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。