07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

20代中小企業診断士の未来

2009年に中小企業診断士合格を果たしました。日々頑張っている姿や南房総移住日記を書いていければと思います。

はてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top
はてなブックマークに追加

生姜蕩 

診断第二回目の一日目を終えてきました。一日目はやはり社長様へのヒアリングを行い、明日以降の報告書作成の進め方を決めていく作業を行いました。

今日は一個普段の仕事や生活に行かせるノウハウを手に入れました。それは、『反省』を行うときには、「このまま継続する点」「修正すべき点」「改善するための方策」に切り分けて考えるという事です。改めて考え方として示されるとそんな事かと思えるかもしれませんが、気付かない人は全然気づかない切り口ではないかと思います。当たり前すぎて『反省』という行為にそのような切り口を用いるなんて事は考えた事ありませんでした。

よくPDCAサイクル(計画して、やってみて、チェックしてみて、改善する)を回せと言いますが、この考え方って今までほとんど実生活に用いる事が出来ませんでした。正確に言うとPD(計画、実行)は立てているのですが、CA(チェック、改善)はおざなりになっていました。

それというのも、チェックの切り口を意識していなかったからです。漠然と結果をチェックしろって言われても、できたかできていないか、悪かった点、良かった点をざっと考える事にとどまっていました。

この切り口を提示した人にとっては当たり前の行為だったのかもしれません。もっと言うと世の中のでも当たり前のことなのかもしれません。ただ自分は知らなかった。そして『反省』の仕方に何の問題点も感じていなかった人間には、誰かに聞く事も出来なかった事です。(問題は認識されることにより初めて問題となるのです。ゆえに、認識されていない問題を解決することはできないのです。)

さて、どうも花粉症ではなく若干熱っぽいみたいなので理屈っぽい文章を書いてしまいました。生姜をすりおろしただけの生姜蕩をつくって飲んだので、熱が出てきたみたいですね。
まあ、一晩ゆっくり寝れば大丈夫だとは思います
スポンサーサイト

category: 日記

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yoshikunok.blog41.fc2.com/tb.php/39-ec4af5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。