07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

20代中小企業診断士の未来

2009年に中小企業診断士合格を果たしました。日々頑張っている姿や南房総移住日記を書いていければと思います。

はてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top
はてなブックマークに追加

浮気から本気へ 

さて、誠実な人情診断士をモットーにしている自分にしては少し物騒なタイトルですが、もちろん家族を裏切ったなどという告白ではありません。誠実に生きるのが一番楽な生き方ですから、わざわざ面倒を起こすつもりもありませんしね。


実は、頼れる相棒と何度かにわたって紹介をしてきた手帳をバイブルサイズからA5サイズにしてみました。最初は軽い浮気心だったのですが、つかってみるとその便利さにトリコになってしまいました。今後はこちらをメインにつかっていきたいと考えています。

A5_1

A5サイズに乗り換えて1か月程度つかってみた中で個人的に感じたA5システム手帳の優位性を以下にメモしてみます。

・記述できるスペースがかなり大きいため情報の一元管理がしやすい。
 個人的にこれが一番大きな要素です。講習会などに参加した時にメモを取るのですが、A5サイズの場合普通のノートにメモをとる感覚でメモをどんどん取っていくことができます。メインで使用している日次リフィルで足りなければ、白紙のリフィルを日付だけ書いて追加すれば、何も考えなくとも情報を一元管理でき便利な事この上ないです。

・A4サイズとの親和性が極めて高い
 これはよくいわれているメリットなのですが、実際に使ってみると本当に実感できます。単に挟むだけでも、必要な情報を手帳だけで持ち歩けますが、お勧めなのは6穴パンチを用意する事です。A5サイズ用の6穴パンチがあれば、通常のリフィルと同じ感覚で資料を持ち運べます。現在は、一枚のA4に2ページ分印刷など簡単にできるため本当に便利です。

・厚さ対策
 バイブルサイズで使用していく場合、うまく情報を整理しないといつの間にか分厚い手帳が出来上がってしまいます。その点A5サイズならば、一枚のリフィルに記述できる情報量が極めて多いため、厚さは薄くすることが可能です。今回は15mmリングのA5システム手帳を選択したため、以前使っていた35mmリングのバイブルサイズ手帳と結果的に同じくらいの重さで使う事が出来ています。
スポンサーサイト

category: 手帳術

thread: お気に入り! - janre: 趣味・実用

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yoshikunok.blog41.fc2.com/tb.php/78-f3b2e0f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。