09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

20代中小企業診断士の未来

2009年に中小企業診断士合格を果たしました。日々頑張っている姿や南房総移住日記を書いていければと思います。

はてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top
はてなブックマークに追加

朝方生活のきっかけ 

学生時代はかなりの夜型人間でした。毎晩3時ごろまで起きていて、昼くらいまで寝ている生活を送っていました。

これでは社会人生活は乗り切れないと思い、就職を機に朝方生活に生活パターンを変更しました。

具体的な手段として、

・先ず朝起きる時間を決めてしまう

・朝起きてやる事を決めておく

・TVをみる時間を思い切って削減する

の三点を用いました。

・先ず朝起きる時間を決めてしまう
 先ず朝起きる時間を決めてしまいます。自分は最初は毎朝六時に起きることとしました。夜寝る時間には手をつけなかったのですが、、朝六時に起きる生活を何日か続けると夜は早く眠くなるので日付が変わる前には寝る事になりました。

・朝起きてやる事を決めておく
 就職を期に、会社の近くのジムと契約しました。朝起きたらジムに行く。それだけを決めて生活を送ると、二度寝をする心配がなくなります。自分の中で、ジムのオープン時間を会社の始業時間と同じ感覚にしてしまいました。
 ジムに行って朝から運動すると目もさめますし、夜の寝付きも良くなりますし、朝方生活を送るなら朝ジムはお勧めです。

・TVをみる時間を思い切って削減する
 深夜番組などだらだらと見続けてしまう事が多かったのですが、最低限のTV試聴以外の時間は思い切ってTVの電源から抜いてしまいました。TVを見なくなって気づいたのですが、別にTVの流す情報など知らなくとも致命的な事にはならないという事です。社会人になるとTVの話題などほとんど出ませんしニュースなどは新聞で十分です。
 そもそも、自分の住んでいない所で発生した嫌な事件を本当に知る必要があるのでしょうか?不愉快な思いをするだけで何も自分にとって得になるような事はないと思われるのですが。


こんな手段を用いて朝方に改造したわけですが、生活のリズムを変更しようとしたときにつらいのは一週間くらいでした。すぐに慣れて朝方が当たり前の生活になりました。
スポンサーサイト

category: 朝方生活

thread: 資格・スキルアップ・仕事 - janre: ビジネス

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yoshikunok.blog41.fc2.com/tb.php/83-ad3fc7c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。